掲示板つくりました!
ほっこりできる話題が集まる掲示板を作りました!
http://jbbs.shitaraba.net/internet/20388/


昔飼っていたペットとの思い出について

http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/mukashi/1064954213/

189: 日本昔名無し 2006/01/12(木) 23:45:15
私が小1の頃、父の買い物に付いて行った帰りに地元ペットショップで子猫を見つけた。
私は気付かずに通り過ぎようとしたが父の視界にはチラッとその子猫が目に入った。
父は子猫を見るなり私に『この子買うぞ』と言った。父曰く、一目惚れだったらしい。
買った子猫は男の子でたちまち我が家の人気者になった。
末っ子の私は下の兄弟ができたみたいで凄く嬉しかった記憶がある。
その子はあまり首輪をしたがらない子で、母が買ってきた首輪もいつの間にか外してしまっていた。
ある日たまたま、私が作ったゴム紐に子供向けのビーズを通したブレスレットをその子の首に着けてあげたら不思議と嫌がらず、死ぬ日までずっと着けていてくれた。

その子が死ぬまでの数年間、我が家の中心にはずっとその一匹の猫がいてくれていた。
なんだか守り神みたいな存在で、幼い私はしょっちゅう『●●(私の名前)がお嫁さんになる時はちゃんと見てね』なんて到底無理なことも真剣に猫に話していた。

続きます。長文失礼。


190: 日本昔名無し 2006/01/13(金) 00:15:29
189の続きです。

猫を飼ってから3~4年した頃から父と母は突然、毎週日曜日はその子を連れてどこかへ行くようになった。
でも私は行っている場所は知っていた。病院だった。
その頃から猫はよく吐いたり、足取りもフラフラして高い場所には飛び上がれないようになっていた。
子供だった私は何故か『どうしてこんなに具合が悪いのか』とは聞けなかった。
猫は毎週日曜日、多い時は週三回のペースで注射を打ちに病院に連れて行かれた。
そのお陰で、少し経った頃には、最初の本当に辛そうだった期間に比べると随分楽になっているように見えた。
たまに咳き込んだりしていたが、それでも遊んで欲しいと私に擦り寄るぐらいの元気もあったし、食欲も回復していたせいで、私はこのまま治るんじゃないかと半ば安心していた。

ある春休みの夜、朝から塾に行って返りが遅くなった私を待っていたのは毛布の上に横たわった猫の亡骸と、呆然とした母と姉の姿だった。
猫の身体は冷たかった。
何が起きたのか全然分らない私は母に凄い剣幕で何があったのかと詰め寄った。
母は涙を浮かべて、嗚咽が混じった声で経緯を話してくれた。
私が塾に出かけたすぐ後に、猫はいきなり血を吐き、意識を失った。
家にいた母と姉はひどく動揺して猫をすぐに病院に連れて行った。
後から聞けば元々猫はペットショップにいた頃から既に病気だったらしく、初めて病院で医者に診せた時はもう身体の中がボロボロであまり生きられないだろうと両親は聞いていたらしい。
医者は『今回はもう・・・』と言って、せめて最後は苦しまないようにと安定剤を打ってくれた。
家に帰ってから数時間後、母と姉が見守る中で毛布に寝かせた猫は眠るみたいに静かに息を引き取った。
本当に最後はちっとも苦しまずに穏やかな最後だったという。
私が帰ってきたのは猫が死んでから30分も経たない時だった。


次でオワリです


191: 日本昔名無し 2006/01/13(金) 00:34:06
数日後、猫のお葬式を済ませ火葬に移る時、母は私に猫の首輪代わりだった、私が作ったオモチャのブレスレットを見せて『コレはどうするの』と聞いてきた。
私は未だ泣きながら首を振って『いらない』と言った。
正直、遺品を持つのは辛かったし、ブレスレットの首輪はその子が唯一身に着けていた物だったから天国にまで持っていってほしかった。
火葬を済ませ、白い壺につめた小さな骨は病気のせいでスカスカになってとても痛々しかった。
骨を入れた壺は動物の共同墓地に入れてもらい、今でも毎年のお墓参りはかかさない。

私は人生の中でもう二度とあんな猫に会えないだろうなと思います。
時々リビングに飾ってあるその子の写真が話題になると父は、『いい子だったなぁ。アイツと会えたのはきっと運命なんだろうなぁ』なんて言っています。
辛いことがありましたけれど、やっぱりペットを飼って今でも良かったと思います。

長々と長文失礼しました。


この記事へのコメント

コメント

    • 1. 名無しだったらいいのに
    • 2013年08月04日 21:13 ID:dQDg07zX0
    • 1ゲト
      涙で前が見えません
    • 2. 名無しだったらいいのに
    • 2013年08月05日 14:28 ID:SeA4cjl60
    • その猫ちゃんも、報告者家族の一員に迎えられて、短いけれど充足した一生を過ごせたよ。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • ※ 煽りレス、暴言レスはお控えください。
  • ※ 現在試験的にコメント許可制にしています。ご了承ください。
  • ※ 内容によってはコメントの削除、非公開処理を行うことがございます。
他サイトさんの記事です
TOP画紹介!
もーこ様からいただきました!
ありがとうございます!

現在のTOP画
作:もーこ様

癒し系のイラストがオススメ、
「ほのぼの絵にっき」には
どうぞコチラのリンクから!

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
お世話になっているサイト様
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ
スポンサードリンク