掲示板つくりました!
ほっこりできる話題が集まる掲示板を作りました!
http://jbbs.shitaraba.net/internet/20388/


【娘も】我が子が可愛くて可愛くて仕方がない Part16【息子も】

http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1256172726/

6: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/10/23(金) 10:55:14
1歳半を超えたあたりから、娘が鞄に興味を持ち始めたようで、
お出かけするときに嫁のまねをしてセッセとおもちゃを詰め込み、
無駄に重くなった物を持って出ようとする。
その時の必死な顔が堪らない。w


結婚して幸せな人が書き込むスレ・その2

http://life2.2ch.net/test/read.cgi/live/1018356511/

83:   02/04/11 16:46

やっぱり、一番嬉しいのは、
「かわいいなぁ、かわいいなぁ」といって、
いつでも頭を撫で撫でして、抱きしめてくれる時でしょうか。


【息子も】我が子が可愛くて可愛くて仕方がない Part9【娘も】

http://human7.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1182134863/

123: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/07/12(木) 13:54:43
初めての娘が産まれた時、嫁が「私の一生をかけて幸せにしたい人はあなただけど、
私の全てを捨ててでも幸せになってほしいのはこの子」と言っていた。
俺も、自分の全てでこの子を愛してあげようと思った。


それから時がたって、来月娘の結婚式がやってくる。
これから娘は、夫と共に新しい幸せを築いていく。
お前が将来の夫と共に俺達に結婚の許しを貰いに来た時、色んな事が頭に浮かんだ。
初めてのお前がハイハイした時、嫁と泣きながら大喜びした事。弟が出来た時、
なにかと嫁の気をひこうと弟にちょっかいかけて嫁に怒られてた事。
だけど、少し年の離れた妹が出来た時は、大喜びで率先して妹の世話をしてくれた事。
そして、中学、高校とどんどん成長していく姿。
それら全てを俺は胸に焼き付けて、娘の結婚を了承する。
お前がこれからどんな家庭を作るかはわからない。だけど、お父さんはお前の
幸せをずっと祈っていくよ。必死に頑張ってたけどもしかしたら俺はダメな父親だったかも
しれない。だけど、お前の幸せを祈る気持ちは誰にも負けないよ。
娘よ、産まれてくれてありがとう。そして、結婚おめでとう。


あなたの心がなごむとき~第40章

http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1189688125/

58: なごみ 2007/09/17(月) 11:21:49 ID:uykgeUbv0
 コンビニの駐車場にグレピレちゃんが繋がれていた。
でけえ~~と遠巻きに見ていたら、ちっちゃい子供が近寄って行く。
いきなりすっくと立つグレピレ。反動で転ぶ幼児。
幼児をもふっと押さえつけ、上からわふわふするグレピレ。
一瞬焦ったが、どうやら飼い主の子供だったらしく(親が側にいた)
でっかい尻尾をぶんぶん振って喜ぶグレピレ、可愛かったな。
そこの家では毎日リアルでこんなかなー

mfmf


【育児】ああ、小学生ダンスィよ!【男子】Part4

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/baby/1382797254/

375: 名無しの心子知らず 2013/11/17(日) 23:55:57.48 ID:VldHMK9O
ダンスィとよく遊んでくれる15歳上の従兄がいる。

ダンスィ5歳の夏にはウルトライベントに連れてってもらい
ものすごくものすごく嬉しくて楽しくて感極まって?出てきた言葉が
オ レ !にいちゃんとけっこんする!!!
ちなみに兄ちゃんにとっては産まれて初めて受けたプロポーズだったとかw

そんな兄ちゃんが今度本当に結婚するので
この「初めてプロポーズ」ネタを使ってもいいかと連絡が来た。
念のため小6になって反抗期気味のダンスィに聞いてみたら
身悶えしつつも「まぁいいけどぉ~」と許可が出た。
当日が楽しみだwww


あなたの心がなごむとき~第52章

http://changi.2ch.net/test/read.cgi/2chbook/1249026593/

375: スペースNo.な-74 2009/08/27(木) 19:59:47
この間バスの中から見えた和み
犬猫注意


渋滞してて正直暇だった。
何気なく外を見ていると、あるお宅の庭でご飯中のでかくて真っ白い犬を発見。
ハスキーあたりを純白にした感じ。一瞬狼に見えた。
綺麗だなぁかっこいいなぁと釘付けになっていたら、ご飯に夢中だった狼犬がぱっと振り向いた。
視線の先を辿ると何かちっさい毛玉が…よく見たら三毛の子猫。
捨てられたのかガリガリに痩せてて、どうも狼犬のご飯に釣られたらしかった。
二匹は物凄い体格差なわけで当然子猫はびくついてる。でも目の前にはご飯が。ご飯の前には氷山の如く聳える白い巨体が。
挙動不審な子猫を見つめていた狼犬、見兼ねたのかゆっくりした動きでご飯から離れてそっぽ向いて寝そべった。

狼犬「もうお腹ふくれたよー全然見てないよー(`・ω・´)」
子猫「!?寝ちゃったの?食べていいの?罠なの!?でもご飯…(*゚∀゚*)」

そんな感じで誘惑に勝てなかった子猫、一度食べ始めたら無我夢中でがっついてた。
それをこっそり横目で見てる狼犬が「たんとお食べ(*´∀`*)」みたいな優しい顔してて、
物凄い勢いで和むと同時に何だか泣きそうになってしまった。
ふと気付いたら飼い主さんとおぼしき男の人までお家の中から窓越しに(*´∀`*)な顔で二匹を見てたし。
子猫にも幸せフラグの予感と共にバスはようやく走り出しましたとさ。
たまには渋滞も悪くない。

他サイトさんの記事です
TOP画紹介!
もーこ様からいただきました!
ありがとうございます!

現在のTOP画
作:もーこ様

癒し系のイラストがオススメ、
「ほのぼの絵にっき」には
どうぞコチラのリンクから!

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
お世話になっているサイト様
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ
スポンサードリンク