掲示板つくりました!
ほっこりできる話題が集まる掲示板を作りました!
http://jbbs.shitaraba.net/internet/20388/


【朗報】ワイ将、娘の誕生により父親になる
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1434177298/

1: 名無しさん@おーぷん 2015/06/13(土)15:34:58 ID:AQ9
やったぜ。

2: 名無しさん@おーぷん 2015/06/13(土)15:36:08 ID:1pB
よかおめ

3: 名無しさん@おーぷん 2015/06/13(土)15:37:10 ID:AQ9
>>2
サンガツ

本当に嬉しいわ


手をつなぐ幸せ Part18
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/ex/1390168489/

230: 恋人は名無しさん 2015/04/23(木) 21:54:49.68 ID:u5MDdDHS0.net
某温泉でとてもいい雰囲気の中、「えっと……手、繋いでも、良い?」と緊張気味に言ってきたことを思い出した。あの時初めて手を繋いだけど、こんなに良いムードでそれをわざわざ許可を得ようとする彼(当時22歳)がすごく可愛かった。


猫って何であんなに可愛いの?
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1395379360/

100: 名無しさん@おーぷん 2015/05/17(日)20:36:26 ID:dHC
太っちょ猫を貼らせてください。
この子のご飯代を稼ぐために毎日がんばってます。

101: 名無しさん@おーぷん 2015/05/17(日)20:37:43 ID:dHC
貼れてなかった…
no title


嫁(旦那)との馴れ初めを語れ
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1395052439/

262: 名無しさん@おーぷん 2015/06/14(日)11:51:11 ID:NRk
旦那は実家が近所同士の幼なじみ。
高校2年生の時に突然告白されるまでは、アニメやゲームの話で盛り上がれる友達だと認識していた。
告白された時はいつもと違う真剣さに惹かれて自然とオーケー出してた。
それから付き合いだして初めて旦那を異性として認識し気付いたのだけれど、まあ旦那はかっこよかった。
もともと目鼻立ちが整ったひとだな~とは思っていたけれど、改めて見ると涼しげでいて凛々しさもある魅力的な顔立ちだった。スタイルもいいし。
話し方も知性的で、デート中はさりげなくリードしてくれる。モテる男の典型例だと思う。
中学高校と別々の学校に通っていたから気づかなかっただけで、女子人気は相当高かったと思う。バレンタインではチョコ結構もらってたし。
そのかっこいい人の前に座り何も考えずジョジョについて語ってた頃の私はなんてアホだったんだろうと、少し後悔した。
と同時に、 私にだけはざっくばらんに何でも話してくれていることに気づいて嬉しかったりもした。

それから旦那と同じ大学に進学、サークルも同じところに入った。もともと進みたい道も趣味も一緒だったから自然な流れ。
ただ、そこには今で言うサークルクラッシャー的なビッチ先輩がいた。無論旦那もロックオンされて猛烈なアピールに曝されるはめに。
旦那はアピールをのらりくらりとかわし、私に被害が来ないよう付き合っていることを隠したのだけれど、ビッチ先輩が私が旦那の彼女であることを察知。
今度は私に粘着するようになったため、旦那と一緒にサークルを抜けた。
ビッチ先輩の粘着が意外と精神にきてた私のせいで一時破局危機に陥るも旦那と本気で話し合って回避。
これ以降は私も精神的に余裕ができ、喧嘩することもなく穏やかに過ごす。

そして昨年旦那からのプロポーズを受け両家挨拶やらを経て今年結婚。
プロポーズの言葉はよく一緒に行っていた公園で「僕の話をいつも真面目に聞いてくれたのは○○だけです。お願いだから結婚してください。」
入籍後の第一声は「小さい頃、○○をお嫁さんにするのが夢だったんだ。」
もう、一生この人を大事にして一緒に幸せになろうと決意しました。


何を書いても構いませんので@生活板  6

http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1433180085/

136: 名無しさん@おーぷん 2015/06/05(金)20:35:08 ID:xFU
うちの親戚内では『婆ちゃん最強説』と言うものがある。
今から十数年前、親戚で集まった時にお土産の中に大きな栗の甘露煮の瓶があった。
蓋がものすごーく固かった。
自称怪力の当時小6の兄も、親戚の兄ちゃん達も、工場勤務の叔父さん達も、工場長の爺ちゃんも開けられなかった。
子供達は諦めて外にみんなで遊びに行って、蛙取り大会に夢中になっていた。
夕方家に帰ると、瓶の蓋が開いていた。
ビックリして「誰が開けたん!?」と聞くと「婆ちゃんが開けたんやで」と。
「絶対嘘やー」と子供達が言ったけど、家にいた叔父さん達が「ホンマやで」「婆ちゃん1人で開けたんや」「手で簡単に開けはったわー」と。
それから親戚の子供達の間では『婆ちゃんは実は怪力で、本気を出したら筋肉で服が弾け飛ぶ』と畏れられていた。
当時6才で、ムキムキの筋肉=カッコイイって認識だった私にとっては婆ちゃんは憧れの存在になった。
実際は熱湯を蓋にかけて開けやすくしただけらしいんだけど、1人で素手で開けた事には変わりないし、そういう知恵袋的なモノも婆ちゃんの強さと言うことにしておきたい。
その時作ってくれた栗鹿の子はとても美味しかった。
昔飼っていた土佐犬は婆ちゃんにしか懐かなかったし、鋸で強盗を撃退したり、裏の山が家事になった時に子供3人を抱えて全力疾走したり、車に轢かれても無傷だったりと何かと婆ちゃんの武勇伝は多い。
そんな婆ちゃんに、今年の母の日に鰻を贈った。
「一番幼い孫が、一生懸命稼いだお金でわざわざ婆ちゃんの好物を贈ってくれるまで大きくなってくれて嬉しい」と泣いていた。
私の花嫁姿を見るまで絶対に死なないと言っている。
喪女な私のせいで婆ちゃんが不死身になってしまうのか。


【何年】嫁さん大好き【たっても】★30年目★

http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/tomorrow/1432723444/

関連記事
嫁「私、白米が大好きなんです!」→俺「じゃあ俺んとこくる?」 →結婚


188: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/04(木) 00:49:45.62 .net
馴れ初めスレにも書いたんだがこっちでも惚気ていいかな

米農家の俺んところに嫁いできた米大好き嫁の話
嫁は働き者で率先して仕事してくれるんだけど、やっぱり仕事柄日に焼けるし手も荒れるしで同年代よりすこし老けて見えた
同窓会やったときも、田舎っぽさが抜けない嫁と綺麗に着飾った同級生は全然違って、同級生から化粧で隠しきれないシミやシワ、ゴツゴツした手を酔った勢いでからかわれたんだ
でも嫁はニカッとして「これが私が米にかけてきた愛情の証」と言い放った

そういえば嫁は俺の家にきてすぐの頃、おふくろの手をいつも眺めててさ、俺に言ったんだよ
「お母さんの手、すごいね。働き者の手って感じで、私の手なんかまだまだ子どもの手だよ」
本当に羨望の眼差しで見てて驚いたんだ
女性って年をとることを嫌悪するものだと思ったから、年をとってしわくちゃゴツゴツのおふくろの手に憧れる嫁が不思議だった

俺も年取って髪が薄くなってきててさ、それも同窓会でからかわれてたんだけど、帰り道に嫁が
「お父さんみたいになるかな?」
と聞いてきた
俺の親父は綺麗なツルッパゲ
「お父さん、綺麗な頭をしてるから、もしそうなったら磨いてあげたい」
という心内をカミングアウトされた
俺も年をとった親父の頭に少し尊敬を感じた

他サイトさんの記事です
TOP画紹介!
もーこ様からいただきました!
ありがとうございます!

現在のTOP画
作:もーこ様

癒し系のイラストがオススメ、
「ほのぼの絵にっき」には
どうぞコチラのリンクから!

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
お世話になっているサイト様
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ
スポンサードリンク